名刺入れ専門店【mgnet】
名刺入れをプレゼント 名刺入れを素材で選ぶ 名刺入れはスタイルで選ぶ サイト情報 私が名刺入れ専門店【mgnet】の店長です!宜しくお願い致します。
名刺入れ専門店【mgnet】の休日は
土曜、日曜、祝日となります。
が今月のお休みです。

当サイトのセキュリティー

潟Aフィリエイトにより管理運営されています当サイトのショッピングサーバは、ベリサインのセキュア・サーバIDを取得しています。ご購入情報はSSL暗号化通信により保護されます。安心してショッピングをお楽しみ下さい。

 
お買物カゴの確認

「失敗しない!したくない!」名刺入れの選び方

失敗しない名刺入れ

 
 
    〜前書き〜
 
 
 はじめまして。店長です!
 
 きっとコチラをご覧になられている方は、
 「何を買ったら良いのか分からなくて困っている・・・
 と名刺入れ選びに迷われていらっしゃるかもしれません。
 
 そんなお客様のサポートも当店の務め。ガッチリお助けします!
 
 これから閲覧される文章は、正直言ってかなり長文。
 しかも具体的な選ぶポイントや商品紹介は最後の最後しか出てきません。
 もし本気で名刺入れを選びたい!と思っていらっしゃるなら余す事なくご覧下さい。
  
 長文になるワケは読み終わる頃、お分かりになられると思います。
 
 素敵な名刺入れと出会えますよう心から願っております。
 
 それでは、名刺入れ選びのハジマリ、はじまり〜(^^)/^
 
 
 
 

 はい! ところで、ご存知ですか!?

 
 名刺入れを選ぶ事に不可欠な事。ご存知でしたか?

 はい。知ってますよね!
 そう!上で少し言ってましたもんね^^
 (しっかり読まれたアナタは素晴らしい!!)
 
 そうです。マナーです。
 
 「マナーなんて別にいいよ〜(- -)」なんて言ってはダメ!
 なぜならば、名刺入れ自体がマナーそのものだからです。
 
 それに、お仕事とマナーは切っても切れない関係。
 マナーを制すれば、ビジネスを制するといっても過言ではありません。
 
 それほど名刺入れにとってビジネスマナーは大切。
 
 マナーを知る事こそ、失敗しない!名刺入れ選びを知る事の第一歩。
 そのために必要な、失敗しない!名刺交換のマナーをキッチリご紹介します。
 
 初歩的なことばかりですが意外と知らなかったり間違っている事も!?
 さ、名刺交換のマナー(正しい仕方)を予習、復習してみましょう!
 

■レッスン1■ 
【失敗しない!ための事前チェック】

  
 ご存知の通り、名刺交換は一番最初にさりげなくお客様にアピールできる時です。
 しっかりとした受け渡しをする事であなたの印象も変わります。
 
 そのために、まずは前もって会社や自宅などで
 シッカリと”名刺の整理”をしておきましょう。

失敗しないための名刺交換マナー

■レッスン2■
失敗しない!ための受け渡しと心の準備

 
    いざ!名刺交換!!!
 
 さあ、この名刺交換は、ほとんどに場合、受け渡しは同時に行います。
 焦ってタイミングを逃すとシドロモドロの名刺交換になり印象は悪くなります。
 
 お相手の名刺をを充分過ぎるほど丁寧に頂きながら、尚且つ自分の名刺をうまく渡す。
 
    大変ですね。。。
 
 では念のため手順を見ておきましょう。
 

 『受け渡しのタイミング』
 

 お伺いしている立場であれば、何をするよりも前に名刺を用意し名乗りましょう。
 このタイミングを逃すと「いつ渡すんだ?ああ〜なんか不機嫌そうだよ〜」と
 こいつは誰なんだ、みたいな印象になってしまい取り返しがつきません。
 
 初対面ならまず先に名刺を出す。
 
 これが基本になると思いますし、失礼に当たることはあまりないでしょう。。
 (コチラが名刺を用意しだすとお相手も「あっ!名刺交換ね。」と察知してくれます^^)
 
 

 『受け渡しの順番』
 

 ところが!?世の中そんなに簡単じゃないんですよね^^;
 
 実は、先に名刺を出そうと思っていても、お相手も同時交換が最も多く、
 お相手も名刺を用意しているときに、さえぎって出すのはマズイ。。。
 
 その場合は、お相手が名刺の用意ができるのを見守り
 その後、自分から名乗り、名刺を受け取っていただき、
 その後、お客様から名刺を頂きましょう。(結構難しいです。。。)
 
 そしてこんなケースもあります。 お相手が先に名乗られた場合
 実は結構あるんですよ。思いがけない事、想定していない事。
 
 そんな時は

■レッスン3■ 
失敗しない!ための受け渡し(2)

 
  お恥ずかしながら。。。^^;
 
 かつて私(店長)も営業のお仕事を始めたばかりのころ

 「○○会社の○○と申します。宜しくお願いします・・・」

 と、ボソボソ言っていたら、なんと影で「ボソボソ君」と呼ばれていました。
 変なあだ名は一生ついて回ります。気を付けて下さいね。  orz

 
 さてさて、本題に戻りまして・・・
  
 いざ、自分の名刺を受け取って頂く際、
 上記の私の寂しい例を踏まえて、次のように実行してみましょう!
 

 [捕捉ポイント]
 
 お客様から名刺を頂く時は「頂戴いたします。」
 どちらも可能な限り両手で行うと好印象です。

 受け取っていただいたら、間違えが無いようにお客様の苗字を復唱しましょう。
 「△△様とお読みして宜しいでしょうか?」など。
 役職もちゃんとお聞きすると、昇進されていたりして結構違う事が多いので
 後は大変聞きづらいものですので、ここで聞いておきましょう。
 

■レッスン4■ 
失敗しない!ための頂戴した名刺の扱い方

 
 さて、名刺交換し終わった後もまだまだ気が抜けません!
 
   お相手の名刺を頂いたあと、
   その名刺をどうしますか?
 
 座ってお話しする場合は「自分の名刺入れ」の上に
 「お相手の名刺」を”自分の方に向けて”置く。 これも大切なマナーの一つです。
 この時、名刺入れは“お座布団”になるわけですね。

 
 そして、最後に帰る時ですね。
 
 立ち話の時は上記をご参考に、それでは座ってお話をした場合も
 最後までお相手の名刺に敬意を表し、しっかりと扱いましょう。
 
 
 <名刺の仕舞い方>
 
 席を立つ前に、頂戴した名刺をもう一度しっかりと両手で持ち
 「お名刺、ありがとうございました。頂戴いたします。」
 と声をかけ、コソコソせず、名刺入れに名刺を仕舞いましょう
 
 仕舞う場合は、名刺入れの小分けポケット
 ポケットのない名刺入れの場合は、自分の名刺より上に置き、仕舞いましょう。
 
 
  <名刺の仕舞い方(番外編)>

  
 意外とよく拝見するのは、別の名刺入れに仕舞われる方。
 
 つまり2つの名刺入れを持ち歩かれているのですね。
 とても素敵で紳士な印象を受けます。(思わず「カッコいい〜」です^^)
 
 この事だけではないですが、ちょっとした工夫が見えるだけで
 ともて良い、素敵な印象に変ることが多いです。是非色々実践して下さい。

  
 
 はい。
 
 と言う訳で、以上が簡単ですが
 名刺交換時に必要な店長直伝マナーになります。

 これで初めての名刺交換もバッチリ!ですね^^
 では最後に名刺交換でで最も大切な事。

     「相手を敬う気持ち

 結局一番必要なのは「気持ち」なのです。
 

            そして名刺入れも、実は一緒です。

最強ビジネスツールを仕舞うアイテムそれが名刺入れ

■レッスン5■ 
失敗しない!名刺入れの選び方

 
 アナタさまの本当に貴重な、大切な名刺入れ探しに
 お役立てて頂きたいと思い、メリット、デメリットと言う形で表にまとめました。
 
 是非、ご参考にして下さい。
 

● 名刺入れ「見た目」別 メリット/デメリット表

 

メリット

デメリット

派手な名刺入れ

●印象に残る。
●話のネタになる。

●「仕事を何だと思っているんだ!」などと遊びと混合しているイメージを持たれ易い。

高価な名刺入れ

●印象に残る。
●話のネタになる。
●ビジネスツールにお金をかけるため仕事が出来る人の印象を持たれる。
(時計などと一緒)

●いやみに捉えられる。
●派手な名刺入れと同様の印象を持たれ易い 。

シンプルな名刺入れ

●真面目な印象を残せる。
●マイナスのイメージを持たれ難い。

●印象に残らない。
●話のネタにはならない。

※高価な名刺入れ参考 ⇒ブランド名刺入れ情報(当店調べ)

 
●名刺入れ「素材」別 メリット/デメリット表

 

メリット

デメリット

革製名刺入れ

●ポケットがついている事が多いので、名刺を整理しやすい。
●収納枚数以上入れる事が出来る。
●馴染み易く持ち易い。

●中に入れた名刺が引っかかって出し難い。
●中に入れた名刺の角が曲がる事がある。

金属名刺入れ

●あまり抵抗が無いので引っかかり難く出しやすい。
●硬いので中に入れた名刺が痛み難い。
●スリムなものが多いのでスーツに入れても膨らまない。

●収納枚数が少ない。

●ポケットがあるものが少ない。
●角などが鋭利なモノはカバンやスーツを傷付けてしまう事も。

木製名刺入れ

●あまり抵抗が無いので引っかかり難く出しやすい。
●硬いので中に入れた名刺が痛み難いし革ほどではないが馴染み易い。

●収納枚数が少ない。

●ポケットがあるものが少ない。
●下向きにすると落ちやすい。※当店の名刺入れは落ちません。

 
●名刺入れ「機能・性能」別 メリット/デメリット表

 

メリット

デメリット

ポケット付き名刺入れ

●名刺を整理しやすい。
●頂いた名刺が分かり易い。

●つい貰った名刺が入れっぱなしになってしまう。
●名刺入れ自体が厚い構造になってしまう。

大容量名刺入れ

●貰った名刺を直ぐしまえる。
●文字通り多くの名刺をしまっておける 。

●整理しにくい。
●名刺入れ自体が厚い構造になってしまう。

変形名刺入れ

サイズが大きい場合:
色々なサイズの名刺をしまえる。
サイズが小さい場合:
携帯する場所に困らない。

サイズが大きい場合:
かさばってしまう。
 
サイズが小さい場合:
貰った名刺をしまう事が出来ない事がある。

 
  
  「うーん???
   どれも良さそうで、悪そうで、さらに分からなくなった。。。」

  
 はい。その通りですよね^^;ごめんなさい。 
 では、いったいどんな名刺入れを持つと良いのか?
 
  一言で言うと、それは
 
  「相手にどんな印象を持ってもらいたいか」なのです。

  
 そう。名刺と一緒ですよね。名刺も自分の好きなモノを作りがちですが
 大切なのは、お相手に自分や会社の事をを知ってもらうために持つわけですから。
 すると、名刺入れ選びも大切なビジネスツールでありマナーの一つです。
 

 とある大変有名なビジネスマナーの先生は「こんな名刺入れはNG!」や
 「コレもダメ!」「アレもダメ!」「コレじゃないとダメ!」など唱えられておりますが
 ビジネスマナーを重んじる場所で名刺を出すのであれば、仰るとおり。参考にしましょう。
 
 でも、それは時と場合によりけり^^
 
 十人十色、色々な職業がありますので「絶対これしかない!」と言う事は一切アリマセン。
 相手の事を考え、シーンを想定し、そして自分が使い易く便利だと思うものが良いと思います。
 (※ただし名刺交換はマナーのとおりが基本。自己流は少し危険ですよ^^;)

  そう。くどいようですが、大切なのは

  「相手にどんな印象を持ってもらいたいか」
 
 それが一番なのかなと思う訳です。
 
 アナタがとってもオシャレなクリエイターでお仕事を貰えるかどうかの打合せの場合
 「インパクトを与えたい!」そう思っているならオシャレな名刺入れで印象を残す。

 アナタが入社したてのサラリーマンで偉そうな部長さんとの顔合わせの場合
 「無難に終わって欲しい・・・」そう思ったらシンプルな名刺入れで落度を無くすべき。

 アナタが超高額マンションを販売する敏腕営業マンで高級車を乗り回す若手社長との
 商談の場合「おっ!この人も稼いでいるな」そう思わせるなら高級感ある名刺入れ

 アナタがレディースアパレルブランドのスタッフで新しく展開する製品の会議の場合
 「女の子らしいかわいい印象を与えたい」そう思ったらかわいい名刺入れでOK。

 このように「名刺交換するお相手」を基準に合わせて選ぶと
 自ずとマナーとしても、名刺入れを選ぶポイントとしても良い結果が得られます。

 是非、素敵で有意義な名刺交換が出来るように自分にあった名刺入れを見つけ 
 何度も練習し使い慣れてください。

皆様に合った名刺入れが見つかりますように。

 
 
〜 後書き 〜
 

 
最後まで読んでいただいてありがとうございました。
お役に立てましたでしょうか?
 
実は、このような事を語っていながら
私(店長)も昔からそう思っていたわけではアリマセン。

私は営業マンとしてお仕事をしている時
 
  「名刺入れなんてどうでもいい
 
と思っていました。
 
正確には「何も考えずただ名刺入れを持っていた」ワケです。
 
  
するとある日、
ある取引先の社長さんから一言頂きました。
「武田君にとって名刺ってなに?」
私は
「自分を知ってもらうための道具です。」と自信満々に言いました。
すると社長さんは
「ふ〜ん。それはすごいですね。これが武田君ってわけだ。」
私「はい。」
社長さん「何も分からんね。名前と会社名だけだもん。」笑顔で言われました。
間髪いれずに続きます。
「じゃあもう一つ聞くよ。なんでその名刺入れなの?」と。
私は
「???」混乱してしまいました。
 
どうしてそんな事を聞かれたのか?
どうしてそんな話を初対面でするのか?
そもそも名刺入れがなんなんだ?

 ただ、そこにある事実は「売れない営業マン」だった事。

私は今になってこのときの会話の意味を知りました。
たかが名刺入れ、されど名刺入れ。
見ている人は見ています。
分かっている人は聞いてきます。
「なぜその名刺入れを選んだのか?」と。

 
 
この続きは
メルマガ「失敗しない!名刺入れとビジネスライフ」で。
→メルマガ登録はこちら。(送信は1回完結※商品広告一切無し)
※「2、SHOP〜」欄へ”メルマガ希望”とだけお書き下さい。

最後の最後までお付き合い頂きありがとうございました。
当店のコンテンツは何かお役に立てましたか?

あなたに最高の名刺入れが見つかりますように。
 
 
 
 
名刺入れ専門店【mgnet】 店長より
 
 

<ところで店長ってどんな人?>

私が店長です!

→もう少し店長を知ることが出来るページもゴザイマス。
 
<当店のオススメ商品>

→もしお時間があれば当店の名刺入れも是非一度ご覧下さい。

オススメ名刺入れ

>>オススメ第1位名刺入れの購入はコチラ

オススメ名刺入れ

>>オススメ第2位名刺入れの購入はコチラ

オススメ名刺入れ

>>オススメ第3位名刺入れの購入はコチラ

→当店の名刺入れ一覧

ご利用案内

お支払方法

お支払い方法詳細

■代金引換
ご注文商品の受け渡し時に料金のお支払いとなります。
 
<代金引換の手数料>

商品代金

手数料

〜\9,999

¥324(税込)

\10,000〜\29,999

¥432(税込)

\30,000〜\99,999

¥648(税込)

\100,000〜

¥1,080(税込)

■銀行振込み
ご注文確定後、指定の銀行口座へのお振込をお願いいたします。手数料はお客様負担となります。
 

■クレジットカード
手数料は無料です。
VISA・Master・JCB・ニコス・AMEXがご利用になれます。 SSLによるセキュリティーによりカード番号は暗号化送信されますので安心してご利用下さい。
 

■コンビニ振込み
手数料は無料です。
ファミリーマート・ローソン・セブンイレブン・セイコーマート・サークルK・サンクスがご利用になれます。
※商品の受け渡しは出来ません。

お届け

お届け詳細

■配送業者
当店の配送業者はヤマト運輸です。
(一部大量注文時などは佐川急便。)
 
■送料
全国一律620円。ご注文頂いた商品代金合計が6,000円以上で 送料無料です。
 

■配達日指定
通常、ご注文日より4日後(営業日)から
1ヶ月先までお受けしております。
 

■配達時間指定

午前中

12

14

14

16

16

18

18

20

20

21

 
→よく頂くお問い合わせ

よく頂くお問い合せ

 

 
 
Copyright (C)2007 名刺入れ専門店 online-shop【mgnet】.All rights reserved.
名刺入れ専門店-名刺入れならお任せ下さい 6,000円以上お買い上げで送料無料です 早く届けて!にお応えします! 少しの工夫で感動がやってくる! 名刺入れ専門店【mgnet】 喜んでお電話にご対応!